TOP>中村 大介
一期一会の感動。
中村 大介
Daisuke Nakamura
1993年に大阪から上京し宝石業界に身を置き、四半世紀が過ぎました。 思い切り体を動かす事と、美味しい物を食べる事、感動する事が大好きです。 この仕事を通じて沢山のお客様に感動と幸せをお届け出来れば幸いです。
ーお客様と接するときに心かけていること
お客様の声に耳を傾け、対話することを一番に心掛けています。
宝石をご購入頂くお客様、お直しをされるお客様、リフォームをされるお客様。 宝石が同じ物が2つとないように…お客様のご意向、お気持ちもお客様それぞれです。 先ずそれを理解しないと、本心で喜んで頂けるご提案は出来ないと思っています。 そしてお客様のニーズを越えたご提案が出来た時に初めて、感動が生まれると信じています。
ーお客様と接するときに心かけていること
お客様の声に耳を傾け、対話することを一番に心掛けています。
宝石をご購入頂くお客様、お直しをされるお客様、リフォームをされるお客様。 宝石が同じ物が2つとないように…お客様のご意向、お気持ちもお客様それぞれです。 先ずそれを理解しないと、本心で喜んで頂けるご提案は出来ないと思っています。 そしてお客様のニーズを越えたご提案が出来た時に初めて、感動が生まれると信じています。
ー私の思う宝石観
もちろん宝石=綺麗。この観念は皆様と一緒です。
綺麗であるだけではなく、宝石は「お祝いや記念」「気持ちを伝える物」「お守り」「頑張ったご褒美」「頑張るための励み」など、沢山の想いを身にまとって頂ける物だと思っています。 お客様の持つそれぞれの宝石に価値があり、その形は様々ですが、共通して言えることはその人にとってすごく大切なモノの1つであるということだと思います。 そんなジュエリーの担当として、ご相談いただけることをとてもやりがいに感じています。
ー私の思う宝石観
もちろん宝石=綺麗。この観念は皆様と一緒です。
綺麗であるだけではなく、宝石は「お祝いや記念」「気持ちを伝える物」「お守り」「頑張ったご褒美」「頑張るための励み」など、沢山の想いを身にまとって頂ける物だと思っています。 お客様の持つそれぞれの宝石に価値があり、その形は様々ですが、共通して言えることはその人にとってすごく大切なモノの1つであるということだと思います。 そんなジュエリーの担当として、ご相談いただけることをとてもやりがいに感じています。
このアドバイザーに問い合わせる
ご相談やご見学など、
お気軽にお問い合わせください。