TOP>宝石について>宝石の買取で見積もりを取る際に考えておきたいポイントとは?
宝石の買取で見積もりを取る際に考えておきたいポイントとは?

宝石の見積もり

はじめに

大事にしてきた宝石を安心・納得して高く売るためには、どのようなことに気を付ければ良いのかご存知でしょうか。
今回は宝石の買取で見積もりを取る際にどのようなことを注意すべきポイントをご紹介します。

宝石の買取で見積もりに失敗しないポイント

宝石の見積もりで失敗しないようにするには、これからご紹介する5つのポイントを押さえておくことが重要です。

目の前で計量してくれる店を選ぶ

宝石の買取において見積もりを依頼する場合、まずは重さを量って査定してもらうのが通常ですが、見えないところに持って行かれては不安になります。実際に、量った重さが正しいかどうかも分からなくなってしまいます。特殊な機材を使用して検査する場合は仕方ありませんが、目の前で重量をチェックできるお店に見積もりを依頼しましょう。

手数料の有無を確認する

店頭に掲示してある貴金属の買取価格表や、Web上にある買取価格が他店より高額であるにも関わらず、支払い時に想定の額よりも低い金額しかもらえないことが多々あります。これは買取手数料が、査定額からマイナスされる場合があるからです。手数料はもちろん少なからず発生するものですが、見積もりを取る段階で、きちんと全ての手数料が含まれた額が提示されているかどうかを確認し、最終的に支払われる買取価格で業者を比較するようにしましょう。

査定表を発行してもらう

売却を考えているお店から見積もり時に「査定表」を発行されるかどうかもチェックしたいポイントです。例えばダイヤモンドなどの宝石が混在している指輪やブレスレットなどを査定をしてもらう場合、貴金属の部分と宝石の部分がどのように評価されて査定が出ているのか確認する必要があります。特に宝石がちりばめられたジュエリーを売る場合は、要注意です。また、査定表や査定の内訳の開示を求めても応じてくれないお店は信用できない可能性がありますので、他店にも査定依頼を出すことをおすすめします。

ブランドやジュエリーデザイナーの評価を正しく反映してもらう

カルティエやティファニー、ハリー・ウィンストンなどのブランド品の宝石はノーブランド品と比べて価値があるというのはご承知の通りです。ただし、有名ブランドではない場合や、それほど有名ではないデザイナーの作品でも、コアなファンが存在する希少価値の高いジュエリーであれば、思わぬ付加価値が付くこともあります。
まずはブランド名やジュエリーデザイナーによる作品かどうかを確認し、信頼の置けるお店で評価してもらえるかを確認しましょう。

過剰なキャンペーンに注意する

「今だけ買取価格○○%アップ」などと大幅に査定額の高さを前面に押し出しているお店は目に留まりがちです。ただし、単純にキャンペーンの実施有無だけで比較するのではなく、本質的に高い査定額なのかを調べてから売るかどうか決めましょう。
本当に高い値段で買取を行ってくれるお店では、キャンペーン期間でも査定のアップ率が5~10%程度です。この基準以上でキャンペーンを行っているお店は、通常時がとても安いまたは、年中キャンペーンを行っているお店と認識すると良いでしょう。

まとめ

この記事では、宝石の買取を依頼する際に気を付けるポイントをご紹介しました。大切に取っておいた宝石を買い取ってもらうのですから、できれば適性な価格で買い取ってくれるお店に買取を依頼したいものです。宝石はどこに売っても同じということはありません。今回ご紹介した内容をふまえ、きちんと買取先を選定して宝石を売却してください。

コラム一覧に戻る
お問い合わせ
ご相談やご見学など、
お気軽にお問い合わせください。